資格を取る目的を見失わない

資格は仕事の補助の役割

資格というのは、その資格がないと出来ないような仕事もあり、職種によっては取得必須のようなものもあります。

また資格があれば、就職などで有利になったり、待遇が良くなったりするような資格もあります。

資格というのは簡単に取得できるものは少なく、試験に合格しないと取得できないものがほとんどであり、取得までには多くの時間を使い勉強しないといけません。

もしも就職や転職を目指しており、資格を取得しようと考えているなら、その資格が本当に必要かどうかをまずは考えるべきです。

資格無しでも目指す仕事で働けるなら、まずは就職することを先にする、そして余裕があれば資格を取るという流れでも良いはずです。

多くの方が勘違いしている部分が、資格があれば採用が有利に行われ、就職や転職が楽になると思っている事です。

実際の所は、資格を持っていたとしても採用で落とされるときは落ちますし、何社も続けて落ちることも珍しくありません。

資格取得のために長い時間をかけて取得して、さらに就職で長い時間をかけたにも関わらず、仕事が決まらないとなると、多くの時間が無駄になります。

資格を取ることを目的になってしまっては、希望の会社でのスキルや知識が疎かになり、採用に結び付かないこともあります。

転職をする場合

転職を考えるときは、まずは資格を取ろうと考えるよりは、希望の仕事ではどんなスキルや知識が必要であるかということを考えます。

そのように考えて調べていくと、取ろうと思っていた資格が無くても仕事が出来る場合もあります。

資格取得にばかり時間を使って、転職の機会を逃してしまっては意味がありません。

もう一つ大切なのは、転職する場合は実務経験も問われる場があるということです。

資格さえ取れば転職できるだろうと、資格取得後に希望の職種の会社に応募しようと思ったら、実務経験者のみ採用していて、面接にさえ行けないということもあります。

実務経験が必要な仕事かどうかも、資格取得前には調べておくことです。

実務経験がなければ、そのような仕事では資格を取得しても意味がないでしょう。

そしてもしも資格を取得したなら、履歴書にはその資格を記入することでしょう。

面接まで行けたとしたなら、履歴書の内容を面接官が見て、資格について質問することもあります。

この資格はどのようなものですか?資格を活かした仕事はどのような事を考えていますか?などと詳しくつっこんで聞かれることもあります。

資格を取得したなら、それを仕事に当てはめられるようになっていた方が良く、どのように資格を使いたいかも少し考えておくと良いでしょう。

最低限として資格のことを説明できるぐらいのことは出来るようにしておくべきです。