【国家資格】ボイラー技士

資格について

ボイラー設備を扱うために必要な資格であり、これは工場や事務所や学校などのボイラーを扱うのに必要な資格です。

そのボイラー設備の監視や管理を行います。

ちなみに発電所のボイラーを扱うには、ボイラー・タービン主任技術者が必要となります。

資格は特級と1級と2級に分れており、1級は500平方メートル未満、2級は25平方メートル未満のボイラーを扱えます。

また、あらゆるボイラーを扱えるのがボイラーの取扱作業主任者となる特級です。

ボイラーは熱を発する設備のために、その取扱には専門の知識と技術が必要となります。

そのためにボイラーを扱うことが出来るのは、このような資格保有者に限られます。

資格取得後は、ビル管理会社や工場やプラントなどボイラーのある所で働けます。

実際の業務ではボイラーのみならず、設備全般を担当して管理することが多いです。

仕事ではこのように総合的に仕事をするために、ボイラー技士の他に、電気主任技術者や消防設備士などの資格も取得しておくと便利です。

全国にはボイラーを使った冷暖房設備を備えている所は多く、ボイラーは資格がないと取り扱うことが出来ないために、資格保有者のニーズは高いです。

将来的にも需要のある資格でしょう。

一番下の2級の資格を保有しているだけでも、全国のボイラーを取り扱えるので、とても役に立つ資格です。

資格取得方法

資格を取得するには試験に合格しないといけません。

2級はボイラー課程学科を卒業して3ヶ月以上の実務経験を積んだ場合またはボイラー実技講習を修了した者などが受験でき、1級は2級取得後に1年以上の実務経験を積んだものなど、特級は1級取得後に3年以上の実務経験を積んだものなどが受験できます。

それぞれの級には受験資格は記載したもの以外もありますので、安全衛生技術試験協会のサイトで確認すると良いでしょう。

参考 : 安全衛生技術試験協会

試験は総合点が満点中60%以上の正解、または各科目が満点中40%以上の正解で合格となります。

4つの分野から出題され、2級は各科目10問、1級は各科目10問、特級は各科目6問が出題されます。

特級のみは、過去2年以内に試験で合格した科目は、次回の試験で免除されます。

1級と2級には免除制度はありません。

また特級から2級それぞれの試験日は違いますので、間違わないように確認しておきましょう。

試験の合格率は2級58%、1級55%、特級23%となり、やはり特級となると試験は難しいです。

試験勉強を行うときは、テキストなどを自分で購入して独学で学ぶことも可能です。

また試験対策を行っているスクールもあるので、少し受講費用はかかりますが、通って学ぶという方法もあります。