【国家資格】電気工事士

資格について

家庭や工場などの電気設備は、安全に取り扱うために資格のある人でないと、電気工事などを行えないと決められています。

その電気設備を扱うための資格が電気工事士です。

資格の種類には、第一種と第二種があります。

第一種は、500キロワット未満の工場やビルなどの設備と第二種で取り扱える設備全般を含みます。

第二種は、600ボルト以下の設備であり、一般家庭や店舗などの設備です。

このように第一種と第二種で取り扱える設備の範囲が違います。

この資格ではエアコンの取り付けから、大規模な工場の電気工事まで行えるので、仕事の範囲は広く、多くの職種で働くことが出来ます。

経験を積めば上位の資格取得も出来るので、ステップアップにもなります。

資格があれば、電気工事買会社や工務店や家電メーカーや機械メーカーなどに就職できます。

電気工事士は電気の配線を扱うので、その取扱は慎重に行わねばなりません。

ミスして配線を間違えると漏電したりして火災を起こすこともあります。

また工事を行うばかりでなく、設備の故障や不良があれば、どこが原因でそうなっているのか突止められなければなりません。

原因究明の能力も求められます。

風力発電などクリーンエネルギーへの関心が高まり、風力発電以外にも太陽発電などの設備も沢山作られるようになってきていますので、電気工事士の需要は高まっています。

また現在は資格取得者の高齢化がすすんでおり、若手は歓迎されます。

資格取得方法

資格を取得するには、国家資格のために国家試験に合格しないといけません。

始めて資格をとるなら第二種から取得することとなりますが、高校や専門学校や大学で電気工学の課程を修了している場合は、筆記試験は免除となります。

また前回第二種または第一種の筆記試験に合格していれば、同じ種の筆記試験は免除となります。

どちらも筆記試験と技能試験があり、筆記試験はマークシート方式、技能試験では配線を実際に作ることとなります。

第二種よりも第一種の方が少し合格率は低いです。

どちらも筆記試験は100点満点中60点以上の正解で合格です。

勉強するとなると独学で学ぶかスクールなどに通うか、通信講座を受けるかの方法をとるでしょう。

また専門学校なら卒業と共に第二種を取得できるようなところもあります。

問題集も販売されていますので、自分で勉強することも十分でき不可能ではないです。

また技能試験は出題候補が事前に公表されるために、勉強もしやすいです。

最近は問題集を収めているソフトウェアも販売されており、パソコンで勉強も出来ます。

もしも第一種を取得したなら、取得後は5年ごとに資格の更新があります。

資格取得日から5年以内に、講習期間で更新講習を受ける必要があり、これは義務づけられているので、必ず受けなければいけません。