【国家資格】高圧ガス製造保安責任者

資格について

高圧ガスを扱うところで必要となる資格であり、高圧ガスの事故を防ぎ保全します。

資格は細かく、冷凍機械や科学や機械と全9種にわかれており、どの分野の資格を取得したいか考えなければなりません。

特に冷却能力が1日20トン以上の設備を持つ高圧ガス製造所では、資格保有者を必ず置かなければならず、需要も高いので資格取得を目指して受験する方も多く、学生の受験者も多くなってきています。

資格取得後は高圧ガスを扱う企業で働くことが出来、冷凍機械責任者の分野の資格を取れば、ビル管理にも役立つので応用性のある資格です。

資格取得方法

国家資格であり試験に合格しないと資格を得られません。

受験資格に制限はなく誰でも受験できます。

まず種類ですが、乙種と甲種と丙種の3つがあります。

甲種および乙種化学責任者、甲種および乙種機械責任者、丙種化学責任者、第一および第二および第三冷凍機械責任者の9つになります。

科目は法令と保安管理技術と学識の3つの試験科目があり、第三冷凍機械責任者には学識の試験はありません。

試験では各科目60%以上の正解で合格となります。

どの種類の資格を取得したいかまずは考えるべきです。

乙種と甲種と丙種でそれぞれ難易度が違います。

丙種は比較的簡単であり、乙種は比較的難しく、甲種はとても難しいです。

勉強時間としては長く時間がかかる場合は、丙種は1ヶ月乙種は2ヶ月甲種は1年必要です。

試験はどれも年に1度しか開催されませんでの、その年の試験に落ちると来年まで待たなければいけません。

実際に試験勉強を始めるときは、テキストが販売されているので、それを使うと良いでしょう。

高圧ガス保安協会から発行されている「よくわかる計算問題の解き方-高圧ガス甲種資格者への近道」と「高圧ガス保安技術」を購入して、あとは過去問を購入しましょう。

そして過去問をひたすら解くことから始めます。

過去問やよくわかる計算問題の解き方を3回ぐらい繰り返し解くようにします。

そして試験問題は高圧ガス保安技術からも出題されるので、この本も熟読して暗記しましょう。

法令に関する問題も出題されますので、過去問を解ければ問題ないでしょう。

法令を覚えるなら、「高圧ガス保安法」・「コンビナート等保安規則」・「液化石油ガス規則」・「一般高圧ガス保安規則」全て高圧ガス保安協会のサイトに掲載されていますが、まとめて見るなら同じく協会から販売されている法規集を買うと良いです。

勉強していて、どうしてもわからないという問題にあたるかもしれませんが、その場合は過去問で1度しか出ていないような問題なら捨てても良いでしょう。

また勉強は学識・保安・法令と数日毎にローテーションで勉強するとまんべんなく覚えられます。