【国家資格】電気主任技術者

資格について

発電所や変電所など電気を供給する施設は沢山あり、工場などでも配電装置や変電施設など電気を受け取る設備は必ず設置されています。

それらの電気に関わる設備の工事や保安が出来るのが電気主任技術者です。

関わる範囲によって第一種から第三種まで分れています。

第一種はすべての事業用設備を取り扱うことが出来ます。

第二種は電圧が17万ボルト以下の事業用設備を取り扱うことが出来ます。

第三種は電圧が5万ボルト以下の事業用設備を取り扱うことが出来ます。

この資格では、電気設備会社や建築会社に、工場やビルでも働けます。

また第一種の資格を得られれば、電力会社や発電所の技術者として働くことも可能であり、電気の取扱は、一つ間違えると火災などを発生させるので責任の多い仕事となります。

また電気は各家庭や工場や会社に供給しているために、社会的に評価の高い仕事でもあります。

電気設備のある場所では、工事や保安のために電気主任技術者を常駐させなければならず、これは法律で決められているので、この資格の保有者は需要が高いです。

資格取得方法

国家資格であるために国家試験を受けて合格しないといけません。

電気主任技術者の受験資格に制限はなく、これは第三種から第一種まで同じであり、誰でも受験申し込みをすれば試験は受けられます。

この資格は電機業界に行くなら、登竜門としての資格であり、まずはこの資格を取る方も多いです。

始めて受験するなら、まずは第三種から目指すのが良いでしょう。

第三種は一次試験のみ、第二種と第三種は一次試験と二次試験があるので、やはり第三種の方が資格は取りやすいです。

一次試験としては、電力・機械・法規・理論の4科目あり、科目毎の合格制となっており、それぞれを受けて合格を目指します。

ただし一度に全部の科目を合格できなくても、合格した科目の有効期限は3年間なので、3年以内に4つの科目を合格すれば良いです。

二次試験は電力管理と機械制御の2科目あります。

それぞれの合格率は、第一種が一次23%二次15%、第二種が一次24%二次11%、第三種が8.7%となり、特に第三種の合格率が低いです。

このように合格率が第一種から第三種まで低いので、どのように勉強していくかが問題です。

独学で勉強するとなると、問題集や参考書を使うこととなりますが、1日1時間程度の勉強では足りず、3時間ほどは勉強時間は欲しいところです。

こうなると社会人として勉強していくのはとても大変です。

もしもお金があるなら、近くの専門スクールに通って学んでいくという方法もあります。

授業料としてお金はかかりますが、探せば住んでいる近くにスクールはすぐに見つかるでしょう。