原子力技術者の仕事内容

原子力技術者とはどんな仕事なのか

普段私たちが利用している電気、様々な発電を活用して日々私たちはその恩恵を受けて家電製品を利用したり、電気で夜でも明るかったりしています。
その中の一つに、原子力発電があります。
これは東北の大地震で稼働停止されている原子力発電所も多いですが、この原子力発電所での作業工程で力を発揮したり、また発電所だけではなく、医療分野で活用される原子力の技術者として活躍するのが原子力技術者です。

原子力発電所では電力の元となるウランを濃縮させたり、加工する工程があります。
それを原子炉で燃やす事で電力に変換するのです。
またプルトニウムなどの原子を取り出し再利用するなど、原子炉を稼働させる上で必要な工程の作業を行います。
更には原子炉で燃えた放射性物質を処理するなど、放射能汚染と人々の生活の中で非常に重要な働きをしている、非常に危険な物質から人々の生活を守っていると言っても過言ではありません。

原子力技術者の仕事は機器の設計や製造、設計や運転など、取り扱う分野によって細かく分かれています。
また働く場所も原子炉を持っている電力会社から鉄鋼、化学、製造業などたくさんの原子力に携わる企業で働く事ができます。
原子力の力は様々な場面で活用されているんですね。

また原子力と一見関係なさそうな医療分野でも活躍の場があります。
医療で原子力といえば放射線撮影を行うレントゲンがそれですね。
農業の分野でもその可能性があり、本当に様々な場面で活躍する機会があります。

原子力技術者になるには

原子力技術者は理工学系の基礎知識、基礎用語の能力が求められます。
そのため理工学部卒業程度の知識、原理力工学や機会工学、電気工学などの知識が求められ、そういった関連の学校を卒業した人たちが原子力技術者になっていきます。

原子力技術者に必要な資格として、原子炉を安全に運営するために必要な「原子炉主任技術者」、放射線発生装置を取り扱う工場や事業所に必ず一人は有資格者を立てなければいけない決まりがある「放射線取扱主任者」、原子炉で発生する核燃料を適切に取り扱うために必要な「核燃料取扱主任者」の資格が有効です。

他にも原子力技術者に関連する国家資格はたくさんあります。
例えば「原子力安全管理技術者」や、「核融合専門技術者」などが該当します。
取り扱うものが非常にデリケートである事と危険性が高い事から付随する資格が細分化され、適切に取扱がされるように専門性の高い知識が必要とされるんですね。

理工系の大学卒業者、もしくは工業系の専門学校を卒業したメンバーが原子力技術者になっていきます。
様々な分野で注目されている原子力の力です。
その専門性の高さからたくさんの知識が必要とされ、正確性、緻密さが求められる職業であるといえます。