プラント設計技術者の仕事内容

プラント設計技術者ってどんな仕事

プラント設計技術者とはどのような設計をするのか、まずはプラントが何であるかを知っておく必要があります。
みなさんが普段使うプラスチック製品、化学繊維、ライターやガスコンロで利用されるガス、車を動かすために必要なガソリン、それらはすべてプラントと呼ばれる施設で元の原料となる原油、天然ガスなどから精製、化学合成されて作られているのです。

そのため建設、鉄鋼、造船、工業、電力、ガスなど非常にたくさんの企業と関連しており、幅広い業種でプラント設計技術者の力が必要とされます。

プラントは精製で利用する蒸留塔や原料を送り込むパイプ、その他のたくさんの装置を組み合わせて設計されます。
プラントを敷設する土地に、どう工夫して装置を配置するか設計するのがプラント設計技術者なのです。
そのため、非常に多くの知識と技術力、そしてたくさんの人とコミュニケーションを行いながらプラント設計を成功させるための力が必要とされるのです。

プラント設計技術者には基本設計技術者と詳細設計技術者の2種類の技術者が存在します。
まず基本設計技術者がプラントの全体像を設計します。
場所や規模、プラントの用途や人の動線なども考慮しながら基本設計を作り上げます。
その後詳細設計技術者が基本設計に照らし合わせながらパイプの位置や配管、それに伴う土木や建築の設計を行っていくのです。

どうやってプラント設計技術者になるのか

プラント設計技術者になるには化学、工学、土木、建築など非常に多くの理工学系の技術力、知識が必要とされます。
近年は大学院修士課程修了者も多く、プラント設計技術者に求められる技術力と知識力のハードルの高さが伺えます。

ガス会社、電力会社、化学製品を取り扱う会社などに就職し、3年間ほどは様々な専門分野の部署を異動しながら知識力を高め、その後設計に携われるようになります。
技術士、1級建築士、電気主任技術者等の資格を活用しながら、プラント設計を行います。

基本設計技術者と詳細設計技術者の割合としては3対7程度だと言われています。
詳細設計を経て基本設計に進んで行くのがメインストリームとなります。
全体像を作り上げるのは詳細設計を行うよりもより客観的な視点から設計する必要があり、また詳細設計の知識を有しておかないと全体像をつかむ事ができないからです。

プラント設計技術者は一般的な建築で使われるCADを利用して設計を行います。
建築士の技術も活用しながらプラントを作り上げていくんですね。
プラント設計技術者は所属する会社にもよりますが、だいたいが7.5時間の勤務、週休2日です。
新規のプラントの設計を行ったり、日本の企業が海外に建てたプラントのチェックに行く事もあります。
世界をまたにかけた仕事ができるのもこの仕事の魅力だといえます。